ロゴ
HOME>Topics>賃貸物件で理想の暮らしを実現【人気物件情報をチェックしよう】

賃貸物件で理想の暮らしを実現【人気物件情報をチェックしよう】

住宅模型

人気を集めている賃貸物件の特徴

ここ最近人気を集めている賃貸物件にデザイナーズマンションとタワーマンションがあります。デザイナーズマンションとはいわば建築家によって設計されたオーダーメイドのマンションで、敷地の形状や周辺の環境、居住者の要望などに応じて作られており、自分の嗜好に見合った個性的なマンションを求める人に人気です。また、タワーマンションはその高級感や地域のシンボル的な意味合いから、そこへ住むことへの満足感や眺望などに人気が集まっています。

アパートとマンションの違い

造りや階数など外見の違い

法律上アパートとマンションの呼び方で明確に違いが決められているわけではありません。しかし、一般的にはアパートは木造であったり、2〜3階建てぐらいであったりすることが多いです。逆にタワーマンションに代表されるようにマンションは鉄筋鉄骨造りで高層のものを呼ぶことが多いです。

防音性や気密性などの物件の性能の違い

法律上はさておき、一般的にはマンションとアパートでは特にその防音性能と気密性能が大きく異なるケースが多く、通常マンションの方がそれらは格段に上です。例え賃貸であっても、騒音でトラブルになったり、夏は暑く、冬は寒かったりしては満足できるはずがないでしょう。

家賃相場をチェックしておこう

賃貸物件をさがすときには必ず希望の地域や物件の家賃相場をチェックしておきましょう。デザイナーズマンションにしろ、タワーマンションにしろ、他の同じような物件と比較して、高いのか安いのか、また、なぜ高いのか安いのかを知っておくと物件探しの際に役立つといえます。

賃貸物件の契約前に解消しておきたい疑問

マンション

通勤通学時の利便性で注意すべき所は?

実際に通勤、通学時の駅までの距離や、バス停の位置、車であれば駐車場の様子や朝夕の通勤経路の混雑状況などを確認しておきましょう。なぜなら賃貸、分譲に限らず、徒歩何分、車で何分を書いてあっても実際の状況が異なることもあるからです。

デザイナーズマンションの選択で注意点は?

デザイナーズマンションは個性的な物件も多く、中には奇抜なデザインや特徴を持つことと引き換えに実用性を疎かにしている物件も見受けられます。住んでみたらこんなはずではなかったと思うことのないよう十分下見をしておくことです。

憧れのタワーマンションで気をつけるべき点は?

タワーマンションならば、エレベーターの数と朝夕の混雑状況の確認は必須です。高層で居住者が多いだけに、通勤時間帯のエレベーターの待ち時間が長すぎる、最寄りの駅の混雑状況が半端でないなどの話をよく聞きますので、必ず確認しておきましょう。

広告募集中